静岡市 がん、生活習慣病検診│内科検診はあさいクリニックにお任せください。

  • トップページ
  • ご挨拶
  • 診療案内
  • 検査案内
  • 院内紹介
  • Q&A
  • アクセス

検査案内

検査内容のご案内

内視鏡検査(カメラ)は苦しいものだと思ってませんか?
日本人の食生活が豊かになり過ぎたために、糖尿病、高コレステロール血症、痛風などの成人病が増えています。と同時に、日本人には少なかった大腸がんも非常な勢いで増加しています。
がんの中には治りにくいがんもありますが、胃がん、大腸がんは小さければ確実に治すことができます。
早期発見が、とにかく大事なのです!

胃カメラ
●胃カメラのつらいイメージは過去のものです。内視鏡の細径化、性能の進歩により、検査は楽にできるようになりました。

●それでも、以前につらい思いをしたと言う方には、当クリニックは、静脈麻酔を使い、眠っているうちに検査を終えることができます。
まったく苦痛もなく5〜10分で検査は終わります。

●胃がんは日本のがん死亡者数の第一位を占めてきました。しかし今では早期発見さえすれば、ほぼ100%完治しています。

●胃カメラという言葉から連想すると、のどや、食道は見ないと思われている方が多いのですが、のど(咽頭、喉頭)、食道のがんの発見にも細心の注意を払っています。

※原則として予約制ですが、朝食を抜いてきて下されば、多少お待たせするかもしれませんが、いつでも検査可能です。
大腸ファイバー
●前日の食事制限はまったく必要ありません。検査当日の朝に腸管洗浄液、約1500ccを飲んでいただき、午後から検査となります。一般に、大腸検査はつらいというイメージがあるようですが、器械、テクニックの進歩により全くそんなことはありません。
検査は15〜20分で終わります。

●当クリニックでは原則として、静脈麻酔を使いますので、うとうとしているうちに検査は終わり、ほとんどの患者さんは「こんなに楽だとは思わなかった!」とおっしゃいます。

●大腸ファイバーのメリットは、ポリープが見つかれば、その場で組織検査(生検)、あるいは切除(ポリペクトミー)が可能なことです。日を改めて再検査となると患者さんにとっては、時間的、経済的にも負担が増えてしまいます。
当クリニックでは、二度手間になることはありません。

※大腸ファイバーは予約制です。電話でも予約は可能です。
腹部エコー
●魚群探知機の原理です。この器械の性能の進歩はめざましく、おなかにゼリーを塗り、なでるだけで、肝、胆、膵、腎臓や、子宮、卵巣、前立腺などのたくさんの情報が得られます。

●いつでも検査は可能ですが、胆のう、すい臓は朝食を抜いてきて下さると、描出が良くなります。子宮、卵巣、前立腺などは、尿を貯めたままの方が良い検査ができます。
生活習慣病について

高血圧症、高脂血症、糖尿病が、当てはまります。
Silent killer(沈黙の殺人者)という言葉がありますが、行き着くところは、「動脈硬化」による、脳卒中、心筋梗塞です。いずれの病気も、症状は相当進まないとまったくありません。
特に、糖尿病は、10人に1人が、かかっているか、予備軍の国民病になってしまいました。 心筋梗塞も、40歳代からの発症も珍しくありません。 早期に、治療を開始しましょう。

動脈硬化検査

頚動脈のエコーで、血管内膜の厚さ、プラーク(脂肪のかたまり)の有無を測定します。 血管年令が分かり、薬の調節、生活習慣の見直しに役立ちます。

直腸検査
●指診をしたり、長さ10cmほどの直腸鏡で、痔や、直腸の病変を診断します。この時に採便をして、潜血反応を見ます。これは早期に大腸のポリープやがんなどの病変を見つけるのに大切な検査です。

診療時間

【診察】

  • 午前 08:30〜12:00
  • 午後 16:00〜17:30

【胃カメラ】

  • 午前 08:30〜12:00
  • ※原則として予約制

【大腸ファイバー】

  • 午後 13:00〜16:00
  • ※予約制

【休診日】

  • 第2・第4・第5 土曜日
  • 水曜日 午後
  • 日曜  祝日
お問い合わせ
  • TEL:054-288-6555
  • ※受付時間 8:30〜17:30
当院へのアクセス
  • 静岡県静岡市駿河区津島町6-31
  • あさいクリニックへの地図